ワット・チェディー・ルアンのレリーフ

ワット・チェディー・ルアンのレリーフ

チェンマイのワット・チェディー・ルアンの続きです。これは、本堂の入り口の両脇に立っている端正なお顔のレリーフです。

これは、え~、だから何だ!って感じの画像だと思いますけど、、、と言うか、私自身、これを投稿しようとしても画像に添える言葉が見当たらなくて困っていますので、本当に詰まらない画像なんでしょうね(笑)。

そう自覚しつつも無理矢理投稿してしまいますが、私は寺院や遺跡では、メインの建物や仏像様よりも、こう言ったレリーフの方が好きですので、写真も好んで撮ってしまいます。

このレリーフも、私が撮った画像では面白味に欠ける姿になってしまっていますけど、実物は意外と大きくて、本堂内の仏像様に引けをとらない位に美しいレリーフです。

これを凝視している人は、余り見かけませんけど、、、。

ただ、私みたいにしつこく凝視していると、まぁ、これは男のレリーフだから良いですけど、半裸の女神様のレリーフだったりすると、周囲からは、ちょっと危ないおぢちゃんに見られてしまうかも知れませんね。

いや、妖艶なレリーフの方が撮ってて楽しいのは確かなんですけどね、、、(笑)。